【看護部の概要】
 
当院は疾病の治療を積極的に行う一般病棟と,ある程度,疾病の治療が終了し,症状が安定した患者様がリハビリテーションや退院への準備を行う療養型病棟をあわせもつ地域に密着した病院です。また,経営母体である医療法人杏林会には,訪問看護ステーションあんずもあり,訪問看護ステーションとも連携して看護を提供しています。このように病院を利用した患者様が安心して退院できるように患者様の状態に応じた場所で最も効果的な看護が受けられるように以下の看護理念を掲げて看護職員一同,配慮しています。さらに,チーム医療を大切にし,各専門職や各部門と連携をとりながら,患者様中心の看護を目指しています。
【看護部理念】
 
私達は,病院理念に基づき常に患者様の立場に立ち医療チームの一員として良い信頼関係を保ち患者様中心の看護を目指します。


【看護部が中心となって活動している各種委員会】

1.褥瘡委員会
 褥瘡委員会は、委員長、副委員長が看護師で、その他の委員は各病棟から選出された看護師の委員と医局、薬剤部、事務、リハビリ科、検査科、栄養科の代表者から構成されています。月に1度の頻度で委員会を開催しています。
 委員会では、褥瘡患者数の集計、褥瘡患者のデータの提示、新規発生の患者の状況報告と具体的な褥瘡対策やプロトコールの見直しや褥瘡知識の職員への啓蒙活動を行っています。また、委員会の際に委員全員で褥瘡回診を行い、困難事例についてはカンファレンスを実施して対策を検討しています。‘床ズレバスターズ’という新聞を作成して院内に配布し、啓蒙に努めています。

2.看護部教育委員会
 教育委員会は、各病棟から代表者をあつめ、「患者に対する質の良い看護の提供と看護職等の技術向上によるキャリアアップなどの自己実現の支援を行う。」を目標に活動を行っています。
 また、病院、看護部理念に基づく教育活動として、院内に設置された他の委員会との連携、看護師長会との連携による業務改善、旬な話題、技術の向上、知識の向上等における教育を企画し研修会を開催としています。院内、院外研修のほか、看護研究・学会発表など、自己研鑽できる機会も支援し、活動の場、看護の視野が拡大するよう支援しています。

3.看護部業務委員会
 業務委員会は、各病棟から代表者を集め、月に1度の頻度で委員会を開催しています。看護部管理者3名で構成されていて、業務の改善やマニュアル作り・手順基準作成等を中心として看護の質向上のための活動を行っています。

4.介護員会議
 ー般病棟と療養病棟より各部署1人ずつ介護員を選出し委員5人で構成されていて、隔月で集合し委員会行っています。部署毎の情報交換や、オムツの当て方などの患者様のケアにかかわる問題点の解決を図ったり、学習したい内容の検討や学習したい本の選出等行っています。

【看護部業績(平成25年度)】
足利市医師会付属准看護学校実習受け入れ
ふれあい看護体験受け入れ

市内中学校学生マイチャレンジ受け入れ

 
Copyright(C) 2009 Imai Hospital All Rights Reserved.