【薬剤部理念】
  患者様に、安心・信頼・満足を提供する。
         薬のスペシャリストとして最高のサービスを提供する。


【患者様へのメッセージ】

 皆さん、薬剤師って普段どんな仕事をしているかご存知でしょうか?従来薬剤師の仕事は薬をつくることに主眼が置かれていました。しかし私たち薬剤部では正確な調剤はもちろん、患者様の話しに耳を傾け、何を望んでいらっしゃるのかを考える・・・いわゆる患者様とのコミュニケーションを大事にしております。入院中の患者様についてもベッドサイドまで伺ってお話しさせていただいております。薬をご理解いただくことで服薬に対する不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けられるようにお手伝いさせていただきます。薬に関することは何なりとご相談ください。それこそが私たち薬剤師の患者様への想いです。
【外来処方チェック】
当院では平成12年から院外処方を行っております。薬剤師が外来に常駐し処方箋の内容をチェックすることで薬の適正使用に貢献しています。保険薬局からの疑義照会はもちろん、診療医師からの質問にも随時対応しております。
【調剤業務】
セミオーダリング、錠剤自動分包機の導入で正確かつスピーディな調剤を心がけています。患者様の飲み忘れや飲み違いに対しての工夫も行っております。



【薬剤管理指導業務】
 患者様のベッドサイドへ伺い、内服薬・注射薬の説明を行います。また効果面だけではなく副作用についても説明することで副作用の早期発見に努め、その内容を医師・看護師へ直接フィードバックすることで薬の適正使用へと貢献しています。
 1【注射薬のセッティング】
 注射箋にもとづき配合変化や相互作用のチェックをし、患者別にセッティングを行います。
 
2【医師、看護師との情報共有】
 一般病棟においては専任の薬剤師を配置しています。看護室に常駐することで刻々と変化する患者様の状況を把握すると共に、薬剤管理指導で入手した情報を直接カルテに記入することで情報の共有、処方への参画を図っています。
 
3【退院時の情報連携への取り組み】
 退院される患者様には退院時服薬指導を行います。自宅に戻ってから服薬する際の注意事項を含め、退院時の薬について説明いたします。その際には入院中の薬剤履歴がわかるような退院時服薬指導書をお渡ししております。患者様はもちろん、退院後の調剤をお願いしている保健薬局、病院、連携施設の方々からも好評をいただいております。
【医薬品情報管理 DI】

 インターネットやパソコンを駆使し医薬品情報の収集・管理を行っています。またイントラネットを使用することで、院内でのスピーディな情報共有を行うことが可能です。
【医薬品管理】

 患者様に処方される医薬品の品質・供給・在庫管理を行っています。法律で規制のある麻薬、向精神薬、血液製剤などの使用患者情報については帳簿・パソコン管理しております。またセキュリティカードシステムを導入し厳重な在庫管理に努めております。
【薬剤部勉強会】・・・毎月1回開催
 新しく採用した薬剤を中心に勉強会を行っています。なおこの勉強会には医師・看護師・コメディカル・事務部からの出席もあり、オープンな勉強会として行っています。

 
Copyright(C) 2009 Imai Hospital All Rights Reserved.